感覚を言葉に、言葉で感覚を

感覚を言葉にとどめ、言葉で感覚を蘇らせる

時間の感覚

人との付き合いにおいて、お互いの時間に対する感覚に共通項があるかどうかはかなり大きなポイントだと思う。

 

例えば、うちの田舎では、夏場は朝6時台に近所の人がやってきて、うちの玄関を勝手に開けて「おはよう~」と呼びかける。

母も、畑や鉢植えに水をやったりしてひと仕事終えた後だから、軽快な足どりで玄関に向かう。

集落全体がそういう感覚だから、かつてピアノの練習も毎朝6時からやっていたし、今回帰省したときもフルートを朝7時くらいから吹いていた。

都会だったら騒音問題ですごく非難されるんだろうが、うちの実家では、畑や田んぼで作業しているおばあちゃんたちから「がんばっとるな~。いい音聴かしてもろとるわ~」とニコニコしながら話しかけられる。

逆に、朝の時間に対する許容範囲は広いが、夜の時間に対する許容範囲は狭い。夜9時近くなったら、電話もかけないし、訪問者もいない。

 

多数決にすると、都会の生活は、朝の時間の許容範囲が狭く、夜の時間の許容範囲が広いだろう。

が、私の場合、通勤に朝は片道2時間弱かかるので、朝5時起きだ。なので、夜は9時を過ぎると就寝準備に入る。これが何かの都合で10時を過ぎて11時になったりすれば、もうフラフラだ。

いまだに私は、田舎タイムで過ごしていることになる。田舎タイムなので、都会で生活していると、時々周囲とのズレが出てくる。ま、これは、自分が夜の付き合いを減らせばいいことなのでコントロール可能だ。

 

問題なのは、相手が一方的に、「まだ若いんだから、どうせ、夜遅くまで起きてるんでしょ」という先入観でこちらの許容範囲外の時間に割り込んだり、「あなたもこれくらいの時間まで起きてるでしょ」との自他の感覚を混同してしまう場合だ。相手が人間的に魅力があり、こちらの好奇心を満たす話をしてくれるなら、なんとか、許容範囲を広げられるが、単に、相手の欲求を満たすためだけの話を夜中まで延々とされるのは、”寝かせない拷問”にあっているような気分になる。


私自身は、自分の時間感覚を誰かに押し付けて、“早朝叩き起こしの拷問”を仕掛けないようにしようと思う。

大事なのは、いかなるときも、お互い

の時間とペースを尊重することだな。